読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アカシア食堂 レモンの記

すべては居場所をめぐる旅の話 「私」とは居場所のこと だいたいいるのはあわいのただなか

落ちている時、楽になった言葉

f:id:maritomoco:20160618192657j:plain

 Powerd byGATAG

 

落ちていた自分と、もしかして同じ所に居て苦しいと思っている人へ、バトンのつもりで紹介したい。

 

少し前に私自身に起こっていたこと。

自分が落ちているな、と思っていた。

そして、その落ちている状態を、自分で思っているよりもずっと、実は、許していなくて、さらに焦っていた。

そのこと自体が、分からなくなっていた。自分では見えなかった。

で、そこから、この一言を読んで、本当にすっと、ベクトルが変わった。

 

この文章を目にしたのは本当にたまたまだった。

日本で第一人者のヨーガ行者、成瀬先生の講演を2月に聞いていた。

その圧倒的な存在の素敵さに、こんな人が居るんだ、すごいな、と思っていた。

 それを覚えていたところに、ふと見かけた記事だったので、思わずクリックした。

そしたら、こう書いてあった。

 

人生では誰でも大失敗をしたり、人の悪意によって理不尽な目に遭わされたりすることがあるでしょう。


そういうとき、多くの人は、元の状態に上がっていこうと必死でもがきますが、ヨーガでは「落ち込んだここから這い上がるのではなく、もうちょっと落ちてみよう」と考えます。


「また上がるぞ」と頑張ると、力が入り、視野が狭くなります。そこで焦って、悪い選択肢に飛びついてしまう。

逆に「もう少し落ちてもいい」と決めれば、リラックスでき、視野が広がって、状況をしっかり把握できるようになる。そうやって流れに身を任せていると、思いもよらなかった道が開けてくるものです。

 

もうちょっと、落ちてみよう。

 

この一言で、全身の力のベクトルが、180度変わった。

 

そうだ、落ちてみよう。

力が、抜けた。

落ちてみよう。

私、もうちょっと、落ちてもいい。

まだ、落ちていい。

 

そうなった時、自分が、このままでは溺れそうだから、と必死でもがいていたことを知った。

「溺れた時、力をいれてもがくと、おぼれ死ぬ。でも力を抜くと、浮かぶ。だから溺れた時は全身の力を抜いて下さい」と海に入る時に教わった言葉が浮かぶ。

「そしてライフジャケットを着てるんだってことも思い出してね、簡単には死にませんから」

 

――――――――――――――――

 

人の体もエネルギーも経済も、おおよそ命あるように動くものは波形で動く。それが流れを生んでいる。

私は波がまだ最下部に到達する前に、落ちていく恐怖から、無意識にAへ進もうとしていた。でも、波はBへ行きたがっていた。もうちょっと落ちてみようという一言で、私は力みが抜けて、Bへと進んだ。

f:id:maritomoco:20160618191614j:plain

 

――――――――――――――――

ラニオセイクラルやオステオパシーといった、人の体の全体性を重んじるような人体への施術方法では、骨をほんの少しだけ曲がっている方にさらに押したりする。ホメオパシーでも毒に同じ毒の波動を掛ける。

そこに働いているのは、多分、同じ原理だ。行きたいのに、何かで止められていて動けないとき、そのエネルギーは拮抗して固まったようになる。

拮抗は葛藤と同じ方向性。何かがぶつかったままいる感じ。

自分の中で抵抗や、葛藤が起こっている時、自ずとエネルギーは前へ動かず、そこでとどまるようにしてある。

 

せき止めずに動かしてあげれば、自動的に、それそのものが、ちゃんと動く。

その方向に、行かせてやること。

それは、それをものを「許す、認める、承認する」という行為でもある。

この許す、認める、それをそのままいかせる、という事は、なかなか難しい。私のDNA要素には、まったくもってそれがないかのような難しさが私にはある。血の中にない。その方法をなかなかどうして、体は覚えない。

できるようになるまで、それは繰り返し何度だって、試すように、来る。

私はそれが来る度に、その度、息を止めて抵抗する癖がある。息を止めている事にもなかなか気が付かない。

 

そうだ、力を抜くんだった。

成瀬先生の、肉体を超越した軽さを持つ笑顔と、人生を掛けた言葉の深みから来る響きが私の拮抗ポイントに、響いた。

私はそこで力を抜いて、あと少し、その沈みゆく放物線を感じた。

 

courrier.jp