読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アカシア食堂 レモンの記

すべては居場所をめぐる旅の話 「私」とは居場所のこと だいたいいるのはあわいのただなか

4-3 導かれた先で繋がる

【あらすじ:noteを書くために動いたところ、行動の中に兆しのようなサインが現れはじめた。今回は、ツイッターで大ファンになった窪乃内英策先生の原画展に行ったら原画が当たった(←兆し)。読み解いた兆しの意味は、noteクリエイター全員の集合意識へメッセージだった。】

 

 

原画に名前を入れてもらい、手渡ししていただく、という工程で、ほんの少し、窪之内先生と会話をした。

その時、目を見て言葉を交わしたのだけれど、その瞳のキラキラさは、ちょっと類を見ないぐらいだった。

↓この目のまんま 

f:id:maritomoco:20160311125825p:plain

 

f:id:maritomoco:20160311125942p:plain

先生のエネルギーに触れた、と思った。
瞳は魂の入り口。
だから、その人の魂が映る場所。

ほんとだなあ、と思った。
この瞬間が最も嬉しかった。

原画を受け取ったら
ふつふつと、嬉しさが湧いた。

やったーと、雄たけびを上げる代わりに、
自分の体温にぐっと閉じ込めるようにしたら、
反動で顔がにーーっと笑っていった。

これは表情豊かな女の子の原画に囲まれているせいだな、と思った。
絵につられた。

私はにっこりとした、とんでもなく上機嫌の人、になった。
普段は、こんなに笑ったりしない。

その笑顔は、会場の熱と、先生と見つめ合って生まれた熱のおかげで、3日ぐらい形状記憶されていた。

つまり、じゃんけんで当たってから3日間、
ずーっとニコニコしていた。

かなり怪しい人だけれど、
気が付いたら笑っている、という現象が起こっていたのは、
自分でも押さえようがなかったのだからしょうがない。

全身の細胞が笑っているみたいで、体温も高かった。

この、ただひたすら笑っている態度は、周囲の人に、大変に好評だった。
モテる人の感覚が少しわかった気がした。

魔法をかける落書きを、エーサク先生はたまに投稿するんだけど、あの粉がかかったんだと思った。

 

note、やってます。

作品を読む、というなら noteが読みやすいと思います。

なぜならnoteは、作品を作るのと読むのに特化した作りだから。

アカウントを作って好きな人の作品を本棚にしまう様にストックもできます。

私は無料で運営中です。

 

 どこからでも読めますが、続いてもいる物語です。

 

 

note.mu