アカシア食堂レモンの記2

よろしくどうぞ

自分との約束を果たしていたことを唐突に思い出して、ほかのことはもはや全部OKって思った話

f:id:maritomoco:20170221102439j:plain



6歳の頃、ちいさな胸の中で
 
「ずっとこうしてたい」
 
そう強く感じた出来事があった
 
 
あの瞬間、って実は、
 
「自分で自分に約束していた」瞬間だったんだと
 
後から分かった
 
 
あの夏の空の下のできごと
 
 
思い出した
 
自分と約束
 
 
これだけは、という約束。
 
 
 
それから30年ほどたって
 
ふと気が付いた
 
そういえば私
 
6歳の自分との約束
 
果たしてた
 
 
 
 
なんだ、あたし
 
 
約束守ったんだ。
 
自分との約束、果たしてたんだわ。
 
それに気が付いた
 
気が付いた、とたん。
 
 
ほかのことは、
 
 
もうどうでもいいじゃん!
 
と思った
 
 
 
自分との約束を果たすって
 
なんだこんなに
 
スッキリすることだったのか
 
果たしてたんだ
 
よくやった
よくやった
 
るるるん
 
気が付いたら
 
とたんに、花が笑って月が笑う心持ち
 
とたんに、やわらかく、力が抜けた
 
もうがんばんなくていいやっていう感じ
 
誰の評価もいらないやって感じ
 
なにしろ、6歳の私が、嬉しそうに笑ってるから。
 
 
街のメロディや
隣の人のため息や
おいっこの笑い声や
 
そういうものが、また聞こえ始めた
ずっと鳴ってたけど
ずっと聞いてなかったかもしれない
 
また世界の音が入り始めた
 
胸の力を抜いて
 
6歳の私と手をつなぎなおす
 
さあ、また歩いていこう

もうすぐ海開きの沖縄、死ぬまでにここだけは行くと思った海は空港沖の浜。その元になった写真の沖縄情報おすすめサイトと本

沖縄関連の仕事をしているせいか、最近の沖縄のパワーったらすごいな、と思う。

都内、どこに行っても、沖縄、の文字を目にする気がする。

 

東京でも、沖縄の展覧会。

2/19、和楽の沖縄の布の力@表参道。

よしもとでも沖縄に注力しているし、

離島で大人気の宮古島観光大使千原ジュニア筆頭の芸人さん達。

 

ここまで沖縄をみかけると、もはや呼ばれている感覚しかない。

ちなみに沖縄で最も注力して調べたのが、御嶽(うたき)だった。

 

調べたというよりも

どの場所を調べても、そこに御嶽があった、というほうが、ただしい。

 

祈りの場がセットになっている沖縄。

写真を見て、おやここは?と感じるところには、必ず、岩がある。

磐座がある。

磐座や鍾乳洞。

それが信仰の対象、祈りの場であったのだと思う。

 

御嶽を含む場所は、写真をみただけで分かる感じがする。

写真からもう、何か出ているの。

雰囲気がにじみ出ている。

 

場所の気配が、多分、他の地域とは圧倒的にちがう。

ココは写真にとっていい場所だったのか?とすら、写真を見ていてなんだが、思うのだ。

 

こんな場所に、毎日住んでいるって、どういう感覚だろう。

そりゃあ、ユタなども生まれるであろうなあ、と感じる。

場所がユタをつくる。人を作る。そんな感じ。

 

沖縄ではもうすぐ海開き。3月末から順次オープン。

それに合わせて、沖縄のビーチ写真をたくさん見た。

 

ビーチ写真を見てたら、私今、東京で何やってんだろう、って

何度も思ってしまった。

ここに行くまで死ねない、とも。

いっそのこと仕事なんか、全部捨ててここに行きたいとも。

 

その中で、言葉を忘れて見入ってしまったビーチがいくつかある。

その筆頭が、下地島、空港沖の海。

沖縄一キレイ、とのこと。

f:id:maritomoco:20170217220614j:plain

http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004427.aspx

沖縄の情報を知りたいなら、このサイトがいい。

 

 たびらい 沖縄。

www.tabirai.net

コピーペーストキュレーションサイトの大繁盛の中にあって、ちゃんと取材して、丁寧に作りこんでいる。地元の人の顔が見える。

このサイトの作りすごい好き。いいなあ。

情報も詳しいし、最新情報更新されてるし。

 

海の写真が見たいなら、

沖縄のビーチだけ集めた写真集、これも、おすすめ。

 

沖縄のビーチに魅せられて40年通い続けたという写真家の富山義則氏の写真本たち。

この方の写真集好きで見てたら、「たびらい」の記事も、富山氏が書いていて、おお!ここで繋がった!などと嬉しく思って見たり。

沖縄ビーチ大全

沖縄ビーチ大全

 

 私が読んでいるのは↑。2005年発行のもので古いけど、この中にある空港沖の浜は最高すぎて絶句。魂だけ何度ここに入り込んだことか!

沖縄ビーチ大全 505

沖縄ビーチ大全 505

 

 ↑2015年のもあった。

 

 

ちなみに。

沖縄のすべてのビーチを回った富山さんがおすすめのビーチをまとめている記事

最高!

http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000300.aspx

 

こういうマニアな人、とか、丁寧なサイト作ってる人とか、とても好き。

思いがあふれている。

最近は特に、作り手の思いがあるものがいいな、って思う、

ひしひしと、思う。

東京のパソコンの前で、「はぁあ、ええなあ」と大阪弁で、ため息をついて、日々。

いっそのこと、沖縄、移住したいな。

2をベースに世の中を見直すといろいろ楽になるという提案。自分とは1人ではなく2人のことじゃないかな?

 

物事の基本数は、1だと思っていた。

無意識で、1が基準だった。

 

「みんな」という名の”ひとつ”とか

ひとつのルールとか

世の中が1に還るとか

絶対的なひとつもの、

変わらない自分とか、

絶対的な神とか

 

ひとつを基準としたものはかなりの違和感としんどさがあって目をそむけたくなるにもかかわらず、

ひとつをめざすからこその、違いを認めないしんどさが、そこにあったにもかかわらず、

ベースはひとつという錯覚を自分の中にずっともっていた

 

でもよく考えたら

自分の内部には、いつも2人いた

f:id:maritomoco:20170208112555j:plain

 

常に、自分A と 自分B が会話をしている。

 

自分Aと自分Bの力加減が変わることで、

楽になったり、死にたくなったりする。

 

考える自分、感じる自分、

ダメだしする自分、言うことを聞く自分

 

分け方はなんでもいいんだけど、2人だ

 

結局、「自分」という、世界を作る基本的な土台が

「2」からできていたということに

ふと思い至った

 

あれ、、、

世の中はひとつ、ではなく、もしかして、ふたつ、が基準?

 

2をベースに世の中を見直してみた

 

すると、といろいろ楽になる、と感じた

 

自分の中で、常々葛藤があるのも

2がベースなら、納得できる

 

自分の中が大きく揺れるのも

2がベースなら、あきらめがつく

 

2は、悪い事ではない

むしろ、自分が2なのには、理由がある

 

2の利点は産むことだ

2の間を往復することでしか「生まれる」という行為は起きない

 

感情でも気でもいいのだけど、

いのちとか魂というのものは、

どうも

動かして、揺らしておきたい性質があるんだと思う

細胞分裂をうながす試験管だって常に揺らされているように

生物にとって2点間の移動は多分必須行為だ

 

揺れてエネルギーを生み出し、

2を同じ方向に揃えると、

物事は動き出す

 

そしてうまれて浮かび上がる3

そういえばDNAも2本螺旋だな

 

この2の仕組みで解説すると

いろんなことがスッキリする気がしている

整理整頓して伝えていきたいと思う

 

 

 

 

 

人は何にお金を払うのか

人は、自分の居場所のためにお金を払う、のだと思う。

 

居場所とは、自分が自分だと思っている自分のことだ。自分が何かを思う時の支点だ。

 

自分といっても、自分とは1人を指していない。

自分とは、自分、と、自身、からなる、二人の存在だ。

それは、内側では、いつも会話をしていることでわかる。

自分を考える時、基本単位は2である。

 

で、1人の自分Aは

「自分がこうありたい理想像」だ。

自己啓発

自分の夢
自分の思い

(自分の範疇には自分が自分に含めている家族や社員も含まれる)

 

こうなれたら素敵という夢の自分像があるとすると

人はそこに向かって動く。理想を刺激されて、理想を夢見ることができる時、人はそこに価値を見出す。お金が発生する。

 

で、もうひとりの自分Bは

「今の自分」だ。

つらい
かなしい
痛い
力がない

疲れた
美味しい

あったかい

嬉しい

動ける

快適

自分、には色んな状態がある。

今の自分が居心地よくなること。満たされる、解消されること。これには価値が発生する。お金が発生する。

自分Aをみたすもの、自分Bを満たすもの、人はそれにお金を払う。

 

この話に落ちはないけれど、

商売をするとかお金を稼ぐということは、人がお金を使うものを提供していくことで、提供していくと決めることだ。

だから、好きなことを仕事にするときには、他人の居場所に貢献するっていうことが繋がるといいのだと思った。

 

f:id:maritomoco:20170208110235j:plain

意識のなぞの片鱗にふれる

先日ね、踊りを見たんです。

 

昔から、思いのたけがそのまま発露されている状態を見るのがとても苦手でして、例えばNHKののど自慢で感極まっている人とか、道端でインタビューされて頑張って答えている一般の方とか。

 

その方達には何の悪気もないんですが、全開の思いみたいなのが出ているのを見ると、とにかく恥ずかしくて、恥ずかしくて、いてもたってもいられなくなるんですよね。

 

舞台の演劇やダンスも同じで、ほとんどの演目は、特に、見はじめの時は、目をそらしてしまうものが多いのですよね。

 

それでですね、先日みた踊りというのも、友人の知り合いが踊っているもので、ミュージカルみたいだったので、私は最初はずかしくなってしまって、正面から見られなかったのです。

 

が、そのダンサーの方が、途中から、ボールを持って、踊り出したんですよね。新体操に使うマリですね。

 

そうしたら、とたんに。その人の踊りに目がスーッと釘づけになったんです。

 

その時、踊り手さんの意識が、半分、ずーっとボールに向かっていたのがわかりました。先ほどまでは、観客かな?とにかく、ほかのどこかに向かってましたよ。

 

ボールに向かったとたんに、私は見られるようになったというか、感動すら起こりました。

すごく踊りの上手な体の美しい人で、ボールを持った途端に切なさみたいなのがふわーっと浮いてきて感動しました。

 

衝撃的な変化でした。

これ、この違いは何だろう?って、すごく、思いました。

 

まだ答えは出ませんけれど、表現についての、とても大切なことに、触れそうな気がするんです。

 

 

以前にね、アメリカで、チャネリングという行為をする人に会って話したことがあったんです。

 

彼女は、人の意識について、色々と話してくれました。

---

自分が相手をリーディングしようとするとき、リーディング相手は自分に意識を向ける。

すると、その意識が、リーディングの邪魔をするの。

 

リーディングの邪魔をしないためには、相手に編み物だとか、書き物だとか、そういうことをしてもらうといいのよ。

 

タロットとか、ほかの占術でもいいの。
何でもいいんですけど、私から意識をそらしてもらう必要があるんです。

じゃないと、相手の意識と混じって混乱しちゃうのよ。


---

そういうお話でした。

これもなにか、表現ということと、関わっているような気もするんです。

どうかかわるかは、わからないのですが、ふと思い出しました。

 

書くこととか、表現について、いろんなクライアントさんのいろんな文章を書くし読みるんです。

最近では特に、良い文章って、ないな、って思います。

良いとか悪いとか、正しいとか、間違ってるとか、深いとか、濃いとか、
そんなもん本当はないんじゃないかな、と思うようになりました。

 

だけれど、個人的な「読みやすさと、読みにくさ」が発生する、というのは常に起こっていて、これが何かを知りたいと思っていました。

 

勢いで書くと、感情だけが先走って、主語と述語を飛ばしてしまったり、文章が暑苦しくて、前のめりで恥ずかしくて後悔することもあるんですが、

でも自分だから結局読めてしまうので、他の人が読みやすい、のかどうかはわからない。

 

自分がどう思うのかというのをこえて、自分が書くものが水に近くなるといいなあと思っているんです。

水を飲むみたいに読める文章がいいな、というか。

 

で、その時に、ボールを持つ、みたいなことがあると、文章が読みやすくなるのではないか、と思って、はっとしたんですよね。

 

もしかしたら、ここにひとり名編集者がいれば、ボールになってもらうこともできるのかもしれないんですが、

できればいつも、自分でボールを持っていたい。

 

階層にすると

私→言葉→ボール→書く

だと思っているんです。ワンクッション。

 

まだうまくつかめないですが、ボールを持つ。忘れないうちに書いておこうと思いました。

f:id:maritomoco:20170206233831j:plain