アカシア食堂 レモンの記

すべては居場所をめぐる旅の話 「私」とは居場所のこと だいたいいるのはあわいのただなか

もうすぐ海開きの沖縄、死ぬまでにここだけは行くと思った海は空港沖の浜。その元になった写真の沖縄情報おすすめサイトと本

沖縄関連の仕事をしているせいか、最近の沖縄のパワーったらすごいな、と思う。

都内、どこに行っても、沖縄、の文字を目にする気がする。

 

東京でも、沖縄の展覧会。

2/19、和楽の沖縄の布の力@表参道。

よしもとでも沖縄に注力しているし、

離島で大人気の宮古島観光大使千原ジュニア筆頭の芸人さん達。

 

ここまで沖縄をみかけると、もはや呼ばれている感覚しかない。

ちなみに沖縄で最も注力して調べたのが、御嶽(うたき)だった。

 

調べたというよりも

どの場所を調べても、そこに御嶽があった、というほうが、ただしい。

 

祈りの場がセットになっている沖縄。

写真を見て、おやここは?と感じるところには、必ず、岩がある。

磐座がある。

磐座や鍾乳洞。

それが信仰の対象、祈りの場であったのだと思う。

 

御嶽を含む場所は、写真をみただけで分かる感じがする。

写真からもう、何か出ているの。

雰囲気がにじみ出ている。

 

場所の気配が、多分、他の地域とは圧倒的にちがう。

ココは写真にとっていい場所だったのか?とすら、写真を見ていてなんだが、思うのだ。

 

こんな場所に、毎日住んでいるって、どういう感覚だろう。

そりゃあ、ユタなども生まれるであろうなあ、と感じる。

場所がユタをつくる。人を作る。そんな感じ。

 

沖縄ではもうすぐ海開き。3月末から順次オープン。

それに合わせて、沖縄のビーチ写真をたくさん見た。

 

ビーチ写真を見てたら、私今、東京で何やってんだろう、って

何度も思ってしまった。

ここに行くまで死ねない、とも。

いっそのこと仕事なんか、全部捨ててここに行きたいとも。

 

その中で、言葉を忘れて見入ってしまったビーチがいくつかある。

その筆頭が、下地島、空港沖の海。

沖縄一キレイ、とのこと。

f:id:maritomoco:20170217220614j:plain

http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004427.aspx

沖縄の情報を知りたいなら、このサイトがいい。

 

 たびらい 沖縄。

www.tabirai.net

コピーペーストキュレーションサイトの大繁盛の中にあって、ちゃんと取材して、丁寧に作りこんでいる。地元の人の顔が見える。

このサイトの作りすごい好き。いいなあ。

情報も詳しいし、最新情報更新されてるし。

 

海の写真が見たいなら、

沖縄のビーチだけ集めた写真集、これも、おすすめ。

 

沖縄のビーチに魅せられて40年通い続けたという写真家の富山義則氏の写真本たち。

この方の写真集好きで見てたら、「たびらい」の記事も、富山氏が書いていて、おお!ここで繋がった!などと嬉しく思って見たり。

沖縄ビーチ大全

沖縄ビーチ大全

 

 私が読んでいるのは↑。2005年発行のもので古いけど、この中にある空港沖の浜は最高すぎて絶句。魂だけ何度ここに入り込んだことか!

沖縄ビーチ大全 505

沖縄ビーチ大全 505

 

 ↑2015年のもあった。

 

 

ちなみに。

沖縄のすべてのビーチを回った富山さんがおすすめのビーチをまとめている記事

最高!

http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000300.aspx

 

こういうマニアな人、とか、丁寧なサイト作ってる人とか、とても好き。

思いがあふれている。

最近は特に、作り手の思いがあるものがいいな、って思う、

ひしひしと、思う。

東京のパソコンの前で、「はぁあ、ええなあ」と大阪弁で、ため息をついて、日々。

いっそのこと、沖縄、移住したいな。