アカシア食堂 レモンの記

すべては居場所をめぐる旅の話 「私」とは居場所のこと だいたいいるのはあわいのただなか

脱いでいく旅:釧路湿原でキャンプとカヌー01

旅の余韻がカラダの奥にずっと響いている。

それだけ深い部分に響いたんだろうと思う。
 
 
北海道、釧路湿原で、
キャンプをした。
3日間ずっとカヌーに乗っていた。
 
 
釧路川の流れに浮かんで、
ひたすらパドルを漕ぎ続けたら、
 
 
脳内の雑音と思考はすっかり停止、
頭はからっぽになった。
 
 
からっぽになって
ようやく深くまで響くようになった音があって、
それが今回の旅のすべて。
 
 

f:id:maritomoco:20150717143046j:plain

 
土と水と木の甘い香り、
絶え間ない水音、
人よりずっと多い猛々しい鳥の声、
満点の星、
夜の冷気、
 
 
私を空っぽになるまで洗ったのが
自然のすべてだとしたら、
 
 
入ってきた響きの一つは、
一緒にいたツアーメンバーの人柄だった。
 
 
このツアーは、本物の冒険家がツアーガイドだった。
 
自分の人生に言い訳というものがが存在しない、
自分の内なるひらめきのすべてにYESを言い続け、
やり続けているという冒険家。ツアーガイドGさん。
 
 
そして、
世界のすべてが自分の遊び場のように、
世界中を旅する旅行上級者が
私以外の4人のツアーメンバー。
 
 
全員が、行きたいところがあれば、すっと行く。
やりたいことがあれば、考える前に体が動いている。
 
言い訳と、ウソがない。
誇張がない。
装飾が必要ない。
ごまかしがない。
 
 
他人には何も強制しない。
自分ができることをやる。
急がない。
丁寧に、待つ。
 
 
存在が優しい。
全員、風、みたいだった。
すーっとふいている、
 
 
そんな人たちと数日一緒にいたら、
今まで着込んでいた余計なものがすっぽり脱げた。
 
 
そう、この旅は、脱いでいく旅だった。

 

 

 

f:id:maritomoco:20150717143338j:plain